このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在位置: 庄内町企業課 トップ > 水道関係 > 冬季間の水道管の凍結対策について

本文ここから

冬季間の水道管の凍結対策について

更新日:2019年2月8日

冬になり気温が低下すると水道管が凍り、断水や破裂することがあります。特に、水道管がむき出しになっているところ、風当たりの強い場所や日当たりの悪い場所にあるもの、そして過去に寒波で水道管が凍結した家屋などは、注意が必要です。早めの対策をお願いします。

水抜き栓の例

syudou
手動式


電動式

給水水抜き栓操作時の注意点
 水を抜く場合は、蛇口を開け、水抜き栓のハンドルを閉の方向に止まるまでまわします。 水抜き栓は、構造上、完全に開閉していない状態にしていると、地下で水が漏水している状態になりますので、完全に開閉してください。 

家庭でできる水道管凍結防止の方法

1 水道管に保温材を巻き、その上からビニールテープ等で下から隙間なく重ね巻きする。
2 水抜き栓や不凍給水栓が正常に作動するか点検する。
3 凍結防止器が設備されている場合は、電源が入っているか確認する。(※冬期長期不在の場合は、取扱説明書を参照の上、機器の水抜きをしてください。)

水道管が凍結してしまった場合は

1 水道管や蛇口にタオル等を巻きつけ、ゆっくりとぬるま湯をかける。
※熱湯をかけるなど、急ぎすぎると水道管の破裂やひび割れの恐れがあります。
2 水道管や蛇口にヘアドライヤーの温風をあてる。
3 ストーブ等で部屋全体を暖かくする。
以上のことをしても蛇口から水が出ない時は、お近くの「指定給水装置工事事業者」へご依頼ください。町指定業者以外が給水工事を行うことはできません。
なお、その際の費用はお客様の負担となりますので、詳しくは依頼した業者にご確認ください。

お問い合わせ

企業課