このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

定住自立圏構想

定住自立圏構想とは


定住自立圏構想とは、人口5万人程度以上で昼間人口の多い「中心市」と、生活・経済面で関わりの深い「近隣都市」で形成する圏域で、相互に連携・協力し、圏域全体で生活に必要な機能を確保することで、地方圏への人口定住の促進、住みやすい地域社会を目的とした広域行政の制度です。
庄内町は、2つの圏域と協定を締結しています。

・庄内南部定住自立圏 【構成市町】鶴岡市(中心市)、三川町、庄内町

・庄内北部定住自立圏 【構成市町】酒田市(中心市)、遊佐町、三川町、庄内町

定住自立圏のイメージ
定住自立圏・中心市・近隣市町村

ページの先頭へ
以下フッターです。

庄内町役場

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1 電話:0234-43-2211 FAX:0234-43-2219
窓口受付時間:月曜から金曜(祝日および12月29日から1月3日を除く)午前8時30分から午後5時15分
Copyright (C) Shonai Town, All Rights Reserved.
フッターここまで