現在位置: トップ > 収蔵品展 > 第100回収蔵品展・内藤秀因没後30周年記念 内藤秀因作品展

第100回収蔵品展・内藤秀因没後30周年記念 内藤秀因作品展

開催期間:2017年4月1日(土曜日)から5月21日(日曜日)
休館日:月曜日、5月3日(水曜日・祝日)、5月4日(木曜日・祝日)、5月5日(金曜日・祝日)
入館料:無料

 内藤氏のご遺族より約2,000作品の寄贈を受け、1992年より開催してきた当館の収蔵品展はこのたび100回を迎えます。また、本年は内藤秀因の没後30周年にもあたります。これらの節目を記念した本展では、当館収蔵品を代表する作品約50点に加え、町内外の施設および個人のコレクションもご紹介し、内藤秀因の画業を見つめなおします。



◆関連イベント

ギャラリートークを実施いたします。どなたでもお気軽にご参加ください。

●講師:佐藤光治氏(日本水彩画会会員、日本水彩画会庄内支部長)
●日時:4月22日(土)午後2時より
●会場:庄内町内藤秀因水彩画記念館

※事前のお申し込みは不要です。当日会場までお越しください。

「飛鳥山の桜」

「田麦俣民家」

「巴里の裏道」

「酒田山居倉庫 稔橋」

「吉祥天」

「梅園」