現在位置: トップ > 収蔵品展 > 第103回収蔵品展 「春の訪れ」「東北」

第103回収蔵品展 「春の訪れ」「東北」

   

会期    2018年2月10日(土曜日)から3月11日(日曜日)まで
開館時間    平日:午前9時から午後6時まで  土曜日・日曜日:午前9時から午後5時まで
休館日   月曜日
入館料   無料
会場    庄内町内藤秀因水彩画記念館 第1展示室、第2展示室、2階展示室


概要
 今回は、2つのテーマで収蔵品をご紹介します。
 第1展示室では「春の訪れ」と題し、冬から春へ季節の移ろいが感じられる作品、梅や桜など、春の樹木や草花が描かれた作品約15点を展示します。
 第2展示室および2階展示室では東北の風景を描いた作品約35点を展示します。

「湯島天神」1974年

「越生の梅林」1965年

「雪景」1965年

「気仙沼」1963年

「岳温泉 桜の路」1977年