現在位置: トップ > 収蔵品展 > 第107回収蔵品展「雪国」「梅・桃・桜 ―花の競演―」

第107回収蔵品展 「雪国」「梅、桃、桜 -花の競演-」

会期    2019年2月2日(土曜日)から3月3日(日曜日)まで
開館時間    平日:午前9時から午後6時まで  土曜日・日曜日:午前9時から午後5時まで
休館日   月曜日
入館料   無料
会場    庄内町内藤秀因水彩画記念館 


概要
今回は雪と花をテーマとして館収蔵品をご紹介します。

第1展示室および第3展示室では、「雪国」に暮らす人々の営みや、冬から早春の山々の姿が描かれた作品約20点を展示します。
第2展示室および2階展示室では、「梅・桃・桜 ―花の競演―」と題し、日本文化に馴染み深く、これからの季節に相応しい梅、桃、桜が描かれた作品約30点を展示します。
ひと足早く春の気分をお楽しみいただける展示内容となっております。ぜひご覧ください。

「雪景」1965年

「ドッコ沼の下」1975年

「木俣の雪」制作年不詳

「成田山の梅」1980年ころ

「桃」1969年

「飛鳥山の桜」1970年