現在位置: トップ > 収蔵品展 > 第113回収蔵品展「海景」

第113回収蔵品展「海景」

   

会期  2020年6月20日(土)から7月22日(水)まで
開館時間  午前9時~午後7時 (土・日は午後5時閉館)
休館日  毎週月曜日
入館料  無料
会場  庄内町内藤秀因水彩画記念館
【一部サービス再開に伴うお知らせ】

※新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、当面の間山形県内にお住まいの方のみご利用可能とさせていただくほか、混雑時には入場制限や、時間差入場のための誘導を行う場合があります。何卒ご了承ください。
 その他、開館状況やご来館時の注意事項はトップページ「新着情報」をご確認ください。



概要
 本展では館収蔵品より「海」にまつわる作品約50点をご紹介します。
 第1展示室では浜辺が描かれた作品を展示します。内藤秀因の作品では珍しい淡い色づかいで表現された、砂浜や浅瀬からは清涼感や軽やかな空気が感じられます。
 第2展示室と2階展示室では海原や港、岩場などが描かれた作品を展示します。穏やかで、広く深い海の姿が捉えられた作品が多く、《海岸》では、作品中央に描かれた強烈な海照が海の静寂を際立たせています。
 第3展示室では海辺の町や魚が描かれた作品を展示します。《鰈》では水のにじみを活かし、むだのない筆致で魚と貝それぞれの質感が的確に描き分けられています。水彩画ならではの魅力をご堪能ください。

《塩屋岬遠望》1966年

《漁船》1966年

《館山》制作年不詳

《逗子》制作年不詳

《須崎海岸の家》1971年

《鰈》1964年

《外川港》1983年

《小波渡》制作年不詳

《晴海埠頭》1970年

《海岸》制作年不詳

《県境 三崎峠》1982年

《敵艦見えた岬》1969年