現在位置: トップ > 収蔵品展 > 第99回収蔵品展「春を待つ」

第99回収蔵品展「春を待つ」

開催期間:2017年2月11日(土曜日・祝日)から3月12日(日曜日)
休館日:月曜日
入館料:無料

当館では、庄内町の名誉町民で、元日本水彩画会理事長である内藤秀因画伯の水彩画約2,000点を収蔵、年4回の収蔵品展を開催しております。
風雪吹き荒び凍てつく東北の冬。だからこそ人々の春を待ち焦がれる気持ちは一層強まります。
本展では、やわらかな陽の光、雪の溶けはじめた野山、草花の呼吸、きらきらと輝く水辺など、見る人が春のあたたかさや光を感じられる作品をご紹介します。

内藤 秀因「梅園」1985年

内藤 秀因「山水荘にて」1983年

内藤 秀因「早船旅館遠望」1968年

内藤 秀因「立谷沢川からの月山」1983年