現在位置: トップ > 収蔵品展 > 第102回収蔵品展 1期 「たてものを巡る小さな旅 ―日本編―」

第102回収蔵品展 1期 「たてものを巡る小さな旅 -日本編-」

会期    2017年9月2日(土曜日)から10月8日(日曜日)まで
開館時間    平日:午前9時から午後7時まで  土曜日・日曜日:午前9時から午後5時まで
休館日   月曜日
入館料   無料
会場    庄内町内藤秀因水彩画記念館 第1展示室、第3展示室


概要
 今回は風景の中に描かれた建築物をテーマに収蔵品をご紹介します。
 第1期の日本編では、昭和の東京の熱気が感じられるビルや、田麦俣を中心とするノスタルジックな多層民家、各地の寺社などが描かれた約20点の作品を展示いたします。建築物の個性的なカタチとともに作品に写し取られている、光やざわめき、匂いなどの濃密な場の空気を感じてみてください。

「田麦俣民家」1968年

「大浦教会」1969年

「平林寺山門」1967年

「数寄屋橋街」1964年